辞書にも載ってない?旬なビジネス英単語

「洗練された英単語じゃなくても、通じさえすればいいんです」と仰る方がいます。

でも簡単な単語ほど意味が曖昧なことが多いので、本当は自分の言いたいことが相手に伝わっていない場合も多いのです。

例えば、work on〜(〜に取り組む)というとても簡単でビジネスシーンでかなりの頻度で使われる表現があります。この表現からは確かに「何かに取り組んでいる」ということは表せるものの、どのように取り組んでいるかという点については伝達することができません。

でも現代ビジネスでは、何人かの専門家やプロジェクトメンバーがお互いにやり取りしながら、一緒に何かを作り上げていくことがほとんどと言っていいでしょう。そんな仕事ぶりを、単にwork on〜であいまいに表現するのでは不十分なことも多いのです。

そこでやり取りを繰り返しながら共同して仕事をしている様子をピンポイントで表現してくれる iterate on〜 をご紹介しましょう。

Our team needs to iterate on the proposal.
(私たちチームは企画書にやり取りしながら取り組む必要がある)

How long did Google iterate on their privacy statement before publishing it online?
(グーグル社はプライバシーについての記述をオンライン掲載するまでにどのくらいやり取りしながら取り組んだのだろうか)

ほとんどの辞書は、この意味を掲載していません。でも本当によく使われていますから知っておくと確実に役立ってくれるはずです。

こうしたワンランク上の単語レベルへの脱皮の第一歩は、ドクター・ヴァンスの ビジネス・プロフェッショナルが使うパワー英単語100 が非常に有効です。

ドクター・ヴァンスの ビジネス・プロフェッショナルが使うパワー英単語100

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中