月別アーカイブ: 7月 2013

ビジネスパーソンが経済について話すときには…..

money and globe先日米国で2000人を対象にして行われた「アメリカにおける最も重大な問題は何か?」の調査では、約4人にひとり(23%)が、「経済」と回答しています。

70年間で最もひどい不景気が実感されていることの表れでしょう。

それに「失業問題(19%)」、「健康保険(11%)」、「政治(10%)」が続いています。

日本では、来年4月から施行されそうな消費税の問題でしょうか。これも、経済/財政関連ですね。

それ以外に国々でも、経済問題から無縁な国はないでしょう。老若男女が雑談でさえも取り上げているのが、経済でもあるわけです。

では、経済について英語でどう描写していらっしゃるでしょうか。

  • The economy is weak.
  • The economy is strong.

確かにシンプルですが、主婦層だとしてもこのように雑談している今日ですから、ビジネスパーソンとしての洗練さを加味したいところです。

  • The economy is struggling.
  • The economy is booming.

いかがでしょうか。異なるインパクトを感じていただけたでしょうか。

出番は非常に多いはずです。ぜひ試してみてください!

程度を正確に伝えていますか?

———————————————————————————————-

2013年8月24日(土)英語プレゼンセミナー開講!

ビジネス会話は、すべてプレゼンです。

プレゼン自体を改善、向上できるばかりでなく、会議で上手く意見を述べる、電話での会話をスムーズにする、話で人を引き付けるなど多くのビジネスシーンで応用可能なスキルが習得できる画期的なセミナーです。

ワンランク上の英語コミュニケーションを目指される方は、ぜひご参加ください。

———————————————————————————————-

back-ache1ちょっと間が開いてしまった訳は、実は腰痛になってしまいました。

思い当たる原因は、連続のロングフライトと過労と大型犬の散歩です。

ところで、医師の前では、ほとんどの方が症状を正確に詳細に伝えようと努力しますよね。まあ、米国では、早く予約を取れない場合、出血していないのに「出血している」とオーバーに言う人も多いそうですが。

ビジネスも含めて事が重大な場面では特に、程度を的確に表現することが重要なのは言うまでもないでしょう。もちろん重大な場面でなくても、的確に程度を描写することは、あなたの曖昧でない洗練した印象を残すことにもなります。またこうした努力によって、結果的に実際に使用できる英単語が増えることになりますから、良いことずくめです。

  • 痛みの程度を描写すると(左から右へ、弱—>中—>強)、

             ache—> hurt—> pain

  • 暑さの程度を描写すると、

warm—>hot—>sweltering

  • 事故の程度を描写すると、

incident—>accident—>disaster

現実的には程度は3段階で網羅できないほど複雑かもしれませんが、3段階を心がけていれば、表現力としては十分な奥行きを実現できます。

詳しくは、近日、韓国でも発刊となる日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講をご覧ください。
日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講

夏の夜のクラシックス・リーディング

summerreadingアメリカの高校生は、先週からすでに夏休みに入りました。

ちょうど今頃、彼らは夏の読書リストを作成しているにちがいありません。普段なかなか読めない大作に挑戦したり、大学入学に向けての準備だったりで、集中的に良書を読破するためのリストです。

この習慣が大人になっても残っていて、夏になると読書リストを作るアメリカ人は少なくありません。

ある編集者の方から、日本では「読書の秋」だと伺ったことがありますが、アメリカでは「読書の夏」なのです。

アメリカの高校生たちは、どんなリストを作るのかと言うと、典型的に含まれているのが、「ハーバード・クラシックス」と呼ばれる51冊に選ばれた本です。一冊400-450ページほどですが、これらを読破すれば、「著述の世界遺産」を網羅できると言われています。

現代ベストセラーに飽き飽きしている、なかなか良書に出会えない、スマホから自分を解放してあげたいという方は、このリストから選択してみるのも一案かもしれません。

http://en.wikipedia.org/wiki/Harvard_Classics

クラシックスは苦手という方は、ハーバード大学が受験生に向けた推薦読書リストもあります。こちらの方は、現代の書籍も含まれているので、とっつき易いと思います。

http://www.fas.harvard.edu/~sica/reading.htm