相手が思わず熱心に聞いてしまう英語表現

会議やディスカッションや交渉などと、ビジネスでは自分の考えや意見や立場を表明する機会が山ほどあります。

その際に「ポイントを簡潔に述べること」はコミュニケーションの基本として、もうとっくにご存知でしょう。

でも意外におこなわれていない、誰にでもできる簡単で効果絶大なことがあるのです。

いったい何でしょうか?

それは、「これから私は重要なことを言いますから聞いてください」という合図です。

この合図は、このあわただしい世の中において非常に重要です。

なぜって、人があなたの話を聞いてくれている保障はどこにもありませんから。

相手は、あなたの話を聞いているように見えても、「ゴールデンウィークはどうしようか」「ランチは何を食べようか」「新しい部長と気が合いそうだな」とかまったく違うことを考えていることがあるからです。

すると、あなたのどんなに素晴らしい知識も見解も提案も、陽があたらないままに終わってしまう可能性だってあります。

だからこそ、「これからためになることを言うから聞きなさい」というサインを送ってください。

もちろんこの通りに言って受け入れてもらえるのは、威厳のある親か小学校の先生くらいなものでしょう。

そこで、同じ効果がある英語表現の出番です。

 

  1. Here’s my contention.
  2. Here’s my point.
  3. Here’s the thing.

 

これらを使うと、あなたは相手の注目を一身に集めます

 

spotlight

 

1は、ややフォーマルな状況向きですが、論理的で洗練された響きがあります。2は、いつでも使用できます。使うだけで話が分かりやすくなりますから協調性を示すことができます。そして、3は、イディオムなので、英語圏で育ったようなこなれ感が出るでしょう。

これらで相手に合図を送り、じっくりと聞いてもらえる態勢を作る。それから、あなたの考えを述べてください。

すると、相手の理解度が上がり、話し合いは生産的に、そしてあなたの話し合いへの貢献は記憶に残るものとなるでしょう。また、会議に飛び込んで意見を述べる時にも便利です。

簡単、しかも出番が多いですから、試さない手はありません。

では、また。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中