3段階を意識すると、語彙力はブラッシュアップする

fired

昨日、アメリカ政治に激震が走りました。

そう、FBI (Federal Bureau of Investigation) 長官、ジェームス・コミー氏が、トランプ大統領によって解任されたからです。原因は、ヒラリー・クリントン元国務長官の電子メール問題に深く関わっていたこととされています。

この重大ニュースが一気に世界を駆け抜けたわけですが、その伝え方が興味深く、また語彙力をブラッシュアップするのに非常に有効です。

というのは、トランプ大統領の「解任する、首にする」というまったく同じ行動を報道するのに、メディアは異なる単語を使って伝えているからです。

具体的には、メディアは3つの異なるレベルから単語を選択しています。

その3つの異なるレベルとは、カジュアル、ノーマル、フォーマルです。

 

「解任する」の3段階とは、

カジュアル:canned, dumped

ノーマル:fired

フォーマル:terminated

となります。

 

実際にメディアが伝えたニュースの見出しで例文を確認しましょう。

Yahoo: Trump dumps FBI director.

CNN: Trump fires Comey.

BBC: FBI director terminated.

 

メディア自体のカジュアルからフォーマルの特色がかもし出されていて面白いです。

そして重要なことは、同じ意味を3段階で意識し始めると、ボキャブラリーの幅を簡単に3倍にすることができるという点です。

そしてスピーキングでの3段階の使い分けは、英語コミュニケーションの中上級者以上になるためには避けて通ることはできません。

この3段階についての使い分けについては、

『グローバル思考の英会話―イェール大学言語博士特別セミナー』で詳しく書きましたので、合わせてご参照ください。

では、また。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中