英文メールで最も効果的な結びの言葉とは?

the-most-popular-email-closings

出典:Boomerang

このブログで最もよく読まれているのが、「現代的なフォントを選ぶだけでも洗練される」 というメールに関する記事で、約4万人の方々にアクセスいただきました。

ビジネスパーソンが、英文メールを送る機会がますます日常的になっていることが理由ではないでしょうか。

そこで、今回はメールの結び言葉に関する非常に興味深い調査についてお話したいと思います。

さて、英文メールではどんな結びの言葉を選んでいますか。

上に示した表が最も頻繁に選択される結びの言葉トップ8です。個人的には、日本からいただくビジネスメールには、第4位の “Best regards” が多い印象ですが、いかがでしょうか。

 

その一方で、返信がもらえる確率を調査した結果は次の通りでした。

best-em-closings

英文で最も効果的な結びの言葉 出典:Boomerang

この数値は、メールの返信がもらえた平均確率47.5%を基準として、特定の結びの言葉によってそれをどのくらい上回るかの程度を示しています。

この調査からいったい何が分かるでしょうか。

それは、”Best regards,” “Kind regards,” “Regards,” “Best,” よりも断然効果的な、つまり相手が返事を書きたくなる結びの言葉が存在することです。

そしてそれが、”Thanks,” や “Thank you,” です。

その圧倒的に高い返信確率を見ると、”Thanks,” と “Thank you,” は、まさにメールの魔法の言葉でもあると言っても過言ではないでしょう。

 

“Thank you for your help on this,”

“Thank you for considering this,”

 

のようにも使えます。

また”Thanks!” “Thank you!”のように、エクスクラメーションマークをつけると相手に感謝の気持ちがより伝わりやすくなるでしょう。

 

メールの結びの言葉は返信の確率を左右するほど、メールで重要な位置を占めています。

いつも”Best regards,” を使っていたとしたら、再考する価値は十分にあります。

メールの結びの言葉と始め方については、『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』で詳しく解説しています。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中