英語に起った21世紀最大の変化—–人称代名詞がもう一種類増えた!

LGBT

文化や社会とともに、言語も変容します。

実は最近、英語コミュニケーションにおそらくは21世紀最大の変化が訪れています。

グローバルに活躍するビジネスパーソン、そして留学を考えていらっしゃる方は絶対に心に留めておくべき変化でもあります。

何のことがご想像いただけるでしょうか。

それは、LGBT (レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字) の人々との英語コミュニケーションに関係していますLGBTQ と queer/questioning (特に若年層の発見途上の人)を含めてより多くの人々を指すこともあります。

具体的にどういうことでしょうか。

それは、人称代名詞の使い方なのです。

もはや外見上の判断だけで、男性はHe, him, his, himself,  女性はShe, her, hers, herself と使うのが正解とは限らなくなったということです。

前提となるのは、本人が望む人称代名詞を使うということ。

それは、外見上は男性に見えても Sheと呼ぶこともありますし、女性に見てても Heと呼ぶこともあります。

また人によっては、男か女かという性別を超越した中立的な代名詞を望む人もいます。その中で代表的なのが Ze です。他にも Zie や Xe が使われるようです。

つまり、3人称の人称代名詞のカテゴリーには、次のような4種類が存在することになります。

Remake Pronouns 101

出典:transstudent.org

ちなみにイェール大学では、この代名詞の件を含め、トイレの使用基準やサポートの提供といった差別をなくすためのガイドラインを昨年公示しました。

他大学でも、欧米のオフィスでも始まっています。今後どんどん広がっていく取り組みであることは間違いないでしょう。

重要なことは、個人の多様な個性やバックグラウンドを尊重するマインドセットを持ってコミュニケーションすることに尽きるかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中