カテゴリー別アーカイブ: お勧めの書籍・記事

本日発売!『答え方が人生を変える―あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』

本日、遂に新刊『答え方が人生を変える―あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』が発売となりました。

プリント

私の20年以上にわたるコミュニケーション指導の経験と分析から、シンプルなのに絶大な効果がある「質問への答え方」を、本書に一挙公開しています!

「答え方を制するものは、コミュニケーションを、そして人生を制する」

と言っても過言ではありません。

なぜなら、「答え方」は、人生や会社の命運や人間関係を大きく左右するのはもちろん、自分自身で自由にコントロールでき、無限大なパワーを発揮することが可能ですから。

ただ「質問が聞いていることに答える」だけではダメで、「相手が満足して、あなたを高く評価する答え方」こそ、大きな利益を生み出していきます。

本書では、その最強の答え方について詳しく見ていきます。

  • 第1章 あなたを最高のコミュニケーターにするのは「答え方」である
  • 第2章「質問をリープする」が最強の答え方である
  • 第3章「答え方」の基本7原則
  • 第4章 どんな場面でも自由自在に自分の意見を述べるには?(第1のリープ)
  • 第5章 相手と効率的により深く理解し合うには?(第2のリープ)
  • 第6章 あなた自身をさりげなく売り込むには?(第3のリープ)
  • 第7章 情報の本質を分かち合うには?(第4のリープ)
  • 第8章 あなたへの信頼を不動のものにするには?(第5のリープ)

答え方の基本と戦術にフォーカスした内容のため、日常会話から、プレゼン、同僚や顧客への対応、営業、交渉、就職面接まで、すべての答えに応用できます。

本書の戦術を使うと、

  • コミュニケーションが生産的になる
  • 誰とでも良好な人間関係がつくれる
  • 自分の能力や人格をしっかり伝えられる
  • どんな質問も怖くなくなる
  • どんな言語でも(英語でも中国語でも)通用する

ブッダ、ソクラテス、ヴァルテール、ウィストン・チャーチル、ヘンリー・キッシンジャー、ドラッカー、ジェフ・ベゾス、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグなどが登場して、「答え方の重要性」をサポートしてくれます。読み応えも十分です。

今回は出版社の方々が趣向をこらしてくださいまして、全国リアル書店3店舗では次の別カバー付で並びます。内容は同じですので、お間違いなく。

答え方_高オビ_004

そう言えば、先日5月25日、ハーバード大学学位授与式でフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏がスピーチを行いました。

そのスピーチの中で、彼は最も印象に残った答え方について話していました。

「どうしたらそうした影響力の強い答え方ができるか」については、本書の第6章で詳しく説明しています。

ザッカーバーグ氏の感動的なスピーチについては、後日触れたいと思っております。

では、また。

広告

『答え方が人生を変える:あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』ご予約受付中!

お待たせいたしました!

5月31日に『答え方が人生を変える:あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』が発売になります。ただいまご予約受付中です。

 

 

和書、洋書を含めて、「答え方」の基本や戦術に関する史上初の本です。

ご存知の通り、「答え方」というのは、人生や仕事や人間関係をパワフルに左右しています。

それにもかかわらず、私たちが「いい答え方とは何か」について学んだり、じっくりと考えたりするチャンスは意外にも乏しいのです。

そこで日本語でも英語でも他の外国語でも、あらゆるシーンで応用できる「最強の答え方」の本質につぃて、この一冊288ページに余すことなく書いてみました。

実を言うと、「質問力」より「応答力」を向上させる方がはるかに確実で重要です。

もっと言ってしまいますと、刑事、弁護士などの法律関係、ビジネスコンサルタント以外は、「質問力」を磨くことにたいした意味はありません。

その一方「応答力」を上達させないと、コミュニケーション上手になることは絶対にあり得ません。

その理由についても説明しました。

さて、一生涯を通して人間は質問に何回答えることになるでしょうか?

「いい答え方」によって、大小の成功を手に入れたい、人間関係を向上させたい、より良い世界を作りたいすべての方々に本書をお勧めします。

 

トランプ大統領の交渉術

第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプが発効した大統領令(an Executive Order by President Trump)中東・アフリカ7カ国からの入国禁止措置(travel ban)が大混乱を起こしていますが、その一方で彼が1987年に書いたTrump: The Art of the Dealの復刻版が、アマゾンサイトで大ベストセラーになっています。

世界中の政府高官たちが、トランプ大統領について少しでも多くの知識を仕入れるために、彼の著作を必死で読んでいる最中だとか。

この本への評価はさまざまですが、父親から受け継いだ資産(日本円で約1億円とも200億円とも)を、3000〜4500億円(この評価もいろいろ)にも増やした彼のビジネス交渉の手腕は参考になるのではないでしょうか。

その特徴を3つ挙げると、

  • Think Big

トランプ氏は、不動産業をしながら良い生活を手に入れても決して満足せず、努力する価値のある記念碑的な何かを建設することを常に考えていたと振り返っています。

プロジェクトや交渉で「大志を抱く」ことは、非常に重要です。なぜなら自分の限界を押し上げることはもちろん、入手可能な資源について徹底的に考察する機会が得られるからです。

Think small だと簡単にやり遂げることはできますが、本来自分が発揮できるはずの真の実力を永遠に知ることなく終わってしまいます。

  • 最悪のシナリオを予測する

トランプ氏が交渉する時は、いつも最悪のシナリオを考えておくそうです。つまり、「相手の欲しいもの」をとことん理解し、それにどのように対応するかのプランを練っておく。

すると、交渉が予想したほどには悪い状況でなかった場合には、相手の要望を非常に上手く扱うことができるのでより楽に合意に至ることが可能になります。

  • 選択肢を最大化せよ

選択肢を多く持つということは、フレキシブルになるということです。

トランプ氏は、あらかじめ決まったスケジュールを持ったことはなく、会議も立て続けに入れずに、オフィスへ行くと、たった今、何が起っていて何をすべきかで行動していました。

これまで自分のビジネスを守ることができたのは、このフレキシビリティーのおかげだと書いています。ひとつの道が渋滞していたら、すばやく他の代わりのルートを探すという柔軟さ。たとえベストな状況でお膳立てされた計画であっても、ビジネスで何が起るかなんて分からない。そうした状況に備えて、彼は少なくとも6つのアプローチ方法を思いつくことができたそうです。

原書の日本語翻訳の文庫版トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)も出版されていますが、英語でも非常に読みやすいです。

英単語をブラッシュアップするついでに、初版から世界中で1億1千部以上売れている本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

魅力的な英語アクセント

taiwan4『ビジネスプロフェッショナルが使うパワー英単語100』が韓国に続き、台湾でも発売になりました。日本でも増刷を重ね、今月8刷となりました!

出版から9ヶ月後に、国営放送の講師が執筆した酷似した本を出てどうなることかと思いましたが、編集者の方の「贋作は、淘汰されます。」という予想が的中したようです。これも皆様のサポートの賜物です。心から感謝しております。

ところでご存知の通り、英語にはさまざまなアクセントがあります。英語、米語、オージーイングリッシュ以外にも、広い北米では地域によって、アクセントの違いが多少なりともあります。

最近行われた恋人マッチングサイト(cupid.com)の2000人を対象にした調査によれば、米語のアクセントのうち、南部、ニューヨークのアクセントを話す異性に魅力を感じる人が50%以上を占めていることが判りました。

結果は、次の通りです:

1st Southern – 36.5%
2nd New York -16.5%
3rd Western – 13 %
4th New England – 10.5%
5th New Jersey – 7%
6th Canadian – 7%
7th Midwestern – 5.5%
8th Mid-Atlantic – 4%

どこ出身の先生に英語を習ったか、どこに留学していたかによって、皆さんの話す英語も影響を受けて、標準よりも魅力的に響いているかもしれません。

本日発売!『外資系の掟』

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 2/5号 [雑誌]

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 2/5号 [雑誌] 『外資系の掟』に記事を書かせていただきました。

タイトルは、「高評価を勝ち取る決め台詞」です。実績と会社への貢献度をアピールする5つの「C」について説明してみました。

外資系にお勤めの方、外資系へ転職したい、とにかく外資系について関心があるという方はもちろん、ビジネスパーソンの処世術としても参考にしていただけるのではないかと思います。

ビジネスブックマラソンで紹介されました!

最新刊 グローバル思考の英会話 イェール大学言語学博士 特別セミナー が、

土井英司氏のビジネスブックマラソン(10月14日 vol.3008)で

「ビジネス書、実用書を読んでいると、こんな本が欲しかった!と叫びたくなる一冊があるものですが、この『グローバル思考の英会話』は、まさにそんな一冊。」

と最上級のお褒めの言葉とともにご紹介いただきました。心から感謝!

http://eliesbook.co.jp/review/

『グローバル思考の英会話』

拙著 グローバル思考の英会話 イェール大学言語学博士 特別セミナー

が、来週火曜日(10月2日)に発売されます。

時代は遅ればせながら、確実に語学よりコミュニケーションとしての英語を重視し始めています。でもあまりに多くの材料が錯綜していて、本当に役立つものが見極めにくくなっているのも本当です。

本書では、私のアイビーリーグ大学、フォーチュン500社、トップコンサルティング会社での教授経験から、英語コミュニケーション向上の突破口となる極意を厳選しました。

その構成は、

第1章: これから話すことが100倍よく理解される技術
第2章:優れたビジネス英会話は、ピンポイントする単語から生まれる
第3章:スピーキング上達の基本は、スタイルだ
第4章:感謝される最高の聞き手になろう
第5章: 英語の選び方であなたとあなたの会話は成功へと導かれる

と既存の英語関連書籍とは、まったく異なった切り口です。

ビジネス英語初級者から上級者までレベルに関係なく、ビジネスシーンに必須の技術が身につくばかりでなく、ビジネス書としても楽しんでいただけるコンテンツだと思います。

アマゾンでただいまご予約受付中です!

グローバル思考の英会話 イェール大学言語学博士 特別セミナー